自宅簡単断食ダイエット方法

断食は、最低でも3日以上、長くて一週間などの期間、食を断つことをいいます。しかし、これほどの期間食事を断つのは、専門家の注意監視や指導なくしては危険な場合があります。

 

そのため、自宅で断食をする場合には、半日から一日程度の期間に限定してみてはいかがでしょうか。実際、このくらいの期間の断食を毎週繰り返している人もいます。

 

長期間に渡って断食をすると、ガックリ体重が減ったり血糖値が下がったりする目に見える効果が上がります。でも、こまめに積み重ねて断食を行うのも、後々の成果となってくるのです。

 

半日断食は、夕食を食べた後に翌日の昼食まで一切の栄養を摂らない断食法です。朝食を食べていない人でも、夜食に軽くつまんだり、飴をなめたりしているのでは断食になりません。

 

半日断食というのは、次の食事まで18時間以上の間、水以外のものを一切口に入れないことなのです。翌日の12時にお昼ご飯を食べるとしたら、前日の午後18時以降は何も食べてはいけないことになります。深夜が近づいてくるほどにお腹がすいてきますから、寝ないといつまでも空腹に耐えることになってしまいます。
この睡眠を充分とるということも、大切な要素なのです。翌日の朝は、たっぷり水を飲んで一日のスタートです。昼食には、肉類や脂っこい食事は控えましょう。

 

断食の効果を実感するために、消化の良いやさしいメニューにするのです。ただ、断食後は、自然に肉類や脂っこいものを食べたくなくなるかもしれません。一週間に一回この断食を繰り返すと、体のサイクルが調子よくなってきますよ。

Copyright(c) 2016 粉末スムージー効果と人気通販ランキング完全版 All Rights Reserved.