スムージーの保存方法

スムージーは生の食材を用いることによって健康・美容効果が高い食品です。その反面、作り置きは基本的に効かず、安全面でも栄養面でも長時間おいた後に飲むことは好ましくありません。面倒でも飲む直前に作ることが重要です。

 

しかし、そうはいっても面倒だとか、朝に作る時間をとれないという人もいることでしょう。そこでできるだけスムージーを作る手間を省く方法を考えてみましょう。

 

まず、作ってしまったスムージーの完成物を保管することは冒頭で述べたようにおすすめできません。一日程度ならば冷蔵庫に入れて保存すれば悪くなることはないと思いますが、栄養面での劣化は確実に進むので、最終手段と考えておくべきです。

 

スムージーを作る際に用いる素材をカットしてミキサーにかけるだけ、という状態に加工したものは、作る直前に加工するのに比べてやはり栄養価も味も劣りますが一応保存は可能です。果物は大体可能ですが、葉野菜は萎びてしまうため面倒でもその都度切った方がいいでしょう。

 

スムージーは素材の栄養素をそのまま摂取できることが大きなメリットとなっています。従って保存状況が悪く栄養素が損なわれている状態だと、スムージーの効果そのものが低下してしまいます。どうしても時間の都合で直前に素材を処理することが難しいという人は、いっそ市販のスムージーやスムージーの素などを利用した方が栄養価の面でもメリットがあると思います。

Copyright(c) 2016 粉末スムージー効果と人気通販ランキング完全版 All Rights Reserved.